2019-06-30 [長年日記]

天冥の標 [novel]

正味1週間ぐらいで5冊読み進めちゃって、しばらく飽和状態になってた。
道中はめちゃくちゃ面白くて一気に突き進んだのだ。

天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売: 2015-12-18
  • ASIN: 4150312133
  • メディア: 文庫
  • amazon.co.jp詳細へ

天冥の標IX PART2 ヒトであるヒトとないヒトと(ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売: 2016-10-21
  • ASIN: 4150312311
  • メディア: 文庫
  • amazon.co.jp詳細へ

天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売: 2018-12-19
  • ASIN: 4150313555
  • メディア: 文庫
  • amazon.co.jp詳細へ

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売: 2019-01-22
  • ASIN: 4150313598
  • メディア: 文庫
  • amazon.co.jp詳細へ

天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売: 2019-02-20
  • ASIN: 4150313628
  • メディア: 文庫
  • amazon.co.jp詳細へ


前の巻を読んでいる時「ダダーのノルルスカイン」で、ダダーが種族名でノルルスカインが個体名というような言説にわざわざ強調すること? と思ってたけど、あーそういうことかー、みたいな気になった。

ちりばめられた要素が収斂して幕引きに向かう過程というのは実はあまり好きじゃないのが自覚されたりした。
ミステリィの好きなところはその過程が瞬時に起きることが多いことなのかも。

虚構推理 スリーピング・マーダー [novel]

琴子嬢も意地が悪い、などと思ったりもしたが、読了後はそうかそうじゃないのかー、と思い直すなど。

虚構推理 スリーピング・マーダー (講談社タイガ)

  • 作者: 城平 京
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売: 2019-06-21
  • ASIN: 4065161576
  • メディア: 文庫
  • amazon.co.jp詳細へ