2021-05-31 [長年日記]

平成怪奇小説傑作集3, 君たちは絶滅危惧種なのか?, 薬屋のひとりごと 11 [novel]

面白かった作品を挙げようとしたら、ほとんど全部の名を並べてしまう感じ。
傑作選万歳。強いてがんばって厳選すると。
『雨の鈴』小野不由美 雰囲気がとてもよかった。
『深夜百太郎』舞城王太郎 怖かった。
『海にまつわるもの』黒史郎 実話系(?)のよさ。
平成怪奇小説傑作集3 東 雅夫 編


p202
「(略)この界隈で活動をしていれば、仲間だけではなく、世界中の研究者とやり取りをすることになります。そうした通信まで、すべてを隠すことはできません。研究者が最も、籠もることが難しい職業といえます」

わかる。

(続けて)
「それは、思いもしませんでした」僕は微笑んだ。「自分たちは、籠もっていると、みんな感じているはずです」
「むしろ、周囲の人たちと一緒に生きていると自覚している一般人の方が、傍観すれば、意見や知見を交換せず、一人で生きている、いわば孤独な生活と言えます。我々人工知能は、そのように評価しています」

シャープな会話。
君たちは絶滅危惧種なのか? 森 博嗣


面白かった。
冒頭モノローグを額面通りに受け取っちゃいけないとわかっていたので意外ではないが、しかし「そこか!?」となった。
薬屋のひとりごと 11 日向夏


2021-04-30 [長年日記]

狼と羊皮紙IV, パラドックス・メン, この地獄の片隅に [novel]

エーブのキャラが強い。
狼と羊皮紙IV 支倉 凍砂

タイム・トラベラーのハーネス作を読んで、買ってあったのを思い出した。
基本的に昔のSF。
パラドックス・メン チャールズ・L. ハーネス

『ノマド』『外傷ポッド』あたりがよかった。
この地獄の片隅に (パワードスーツSF傑作選) J・J・アダムズ 編


2021-03-31 [長年日記]

後宮の烏 4, タイム・トラベラー, 蒸気と錬金 [novel]

細々とした事態が起きて、大きく話は動かないけど確実に人物の立場や考えに変化が起きていて、それが意味を持っている。よい日常描写。
続き読みたい。
後宮の烏 4 白川 紺子

1987年のアンソロジー
『若くならない男』『カッサンドラ』『逆行する時間』『わが内なる廃墟の断章』あたりが面白かった。
タイム・トラベラー―時間SFコレクション 伊藤 典夫, 浅倉 久志 編 新潮文庫

何かの文学作品を下敷きにしていて、そちらあるいはそれらを読んでないと面白くない、みたいなことなのかなぁと思いながら読んでいた。
つまらないわけではない。
蒸気と錬金 花田一三六

手話の学校と難聴のディレクター [book]

すごくよかった。
手話が飛び交う学校が希有だという事実を知っただけでも。
手話の学校と難聴のディレクター ――ETV特集「静かで、にぎやかな世界」制作日誌 ちくま新書


2021-02-28 [長年日記]

四畳半, 残虐行為記録保管所, 火喰鳥を、喰う, 薬屋のひとりごと [novel]

もうタイトルだけでズルい。面白いけどサマータイムマシンブルース未見の人は理解できるのか。
四畳半タイムマシンブルース 森見 登美彦


アニメを見たくなった。
四畳半神話大系 森見 登美彦


面白かった。
スパイ×Cthulfu的コズミックホラーという不思議なジャンル。
本編関係ないけど『アート・オブ・コンピュータ・プログラミング』4巻がなかなか出ない理由の件が楽しかった。
残虐行為記録保管所 チャールズ・ストロス


残念。
神話ゲーム 歴史バトラーつばさ 鯨 統一郎


そこそこ面白いが怖くはない。
現実化する世界同士の戦争、というモチーフは引きの視線が導入されると怖くなくなる。
火喰鳥を、喰う 原 浩


馬閃のターン。
薬屋のひとりごと 10 日向夏


2021-01-31 [長年日記]

5分間SF, ジョーカー・ゲーム [novel]

「マダム・フィグスの宇宙お料理教室」「ユビキタス」がよかった。
5分間SF 草上 仁 https://amzn.to/39p80Ev

小説を読むと、アニメでの幽霊(ゴースト)の改変もなるほどといった感じ。
ジョーカー・ゲーム 柳 広司 https://amzn.to/3tfClhI