2022-05-31 [長年日記]

スパイ教室, プロペラオペラ, 准教授・高槻彰良, スワロウテイル, I.R:I.S [novel]

スパイものだと思わず異能力ものぐらいに思って読めば面白い。
本気でスパイものを突き詰めたらたぶんつまらないし。
リリィの底が抜けた明るさがよい。
スパイ教室03 《忘我》のアネット
スパイ教室04 《夢語》のティア
スパイ教室 短編集01 花嫁ロワイヤル

いまひとつだけど、続きを読もうとは思う。
架空戦記ものの変形なのかな?
プロペラオペラ
プロペラオペラ 2

ふっと合理じゃない怪異がでてくるのがよい。
准教授・高槻彰良の推察EX

買っておいたものを引っ張り出して読む。
世界もキャラも設定面白い。
説明なしの描写があとから書かれていく感じがよい。
続きも読みたい。
スワロウテイル人工少女販売処

買っておいたものを引っ張り出して読むの2。
少し残念。なにかが噛み合ってない。
I.R:I.S1 Indirect Ruler:Infinite Seizor

妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。 [book]

マインドコントロール的手法はもう少し掘り下げて欲しかった。
事例集としては充分。
奥さんからの手紙はつらくて読めなかった。
妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。


2022-04-30 [長年日記]

追憶の烏, スパイ教室02, 紫色のクオリア, 准教授・高槻彰良 [novel]

前作でいろいろ時間が飛んだところをさかのぼった話。
よい構成。すごく面白かった。
追憶の烏
阿部智里

まぁまぁ。
スパイ教室02 《愛娘》のグレーテ
竹町

評判に違わぬ面白さだった。
紫色のクオリア
うえお久光

粛々と。
准教授・高槻彰良の推察6 鏡がうつす影
澤村御影


2022-03-31 [長年日記]

さよなら、と嘘をつく, ブラウン神父, やまのめの六人, スパイ教室01, 後宮の烏 6, シュピーゲル [novel]

驚きがない。面白くないということではないが……。
さよなら、と嘘をつく ‐‐沙之里幽譚
太田忠司

ブラウン神父読んだことなかったなぁ、と思ったのでなんとなく。
こんなキャラだったんだ。
チェスタトン ショートセレクション ブラウン神父 呪いの書

半端。ホラー風味のミステリィでもないしミステリィ的仕掛けのあるホラーでもない。
そのトリックを使うなら、もうひとひねりしないと興ざめなんだけど、だとするとトリックに主眼はないのだろうから要らない? となっちゃう。それが2つあった。
ホラーに寄せた方がよかったな……。
やまのめの六人
原浩

で、ミステリィ的手法というならこちらの方が光った。
薄々そんな気はしてた……のだけどやっていることとマッチしているのがよい。
スパイ教室01 《花園》のリリィ
竹町

いい感じに話が回っている。着地が楽しみ。
1つの本としての着地点がないのは気になる人がいそう(カミさんがそうだったっぽい)。長編のなかの途中という感じ。
後宮の烏 6
白川紺子

スプライトとオイレンは何度目か分からない再読。
テスタメント3はこれがはじめての再読かも?
【合本版】スプライトシュピーゲル
【合本版】オイレンシュピーゲル
【合本版】テスタメントシュピーゲル
冲方丁


2022-02-28 [長年日記]

准教授・高槻彰良の推察3, ファンタズム, ダブル・ジョーカーとか, 同志少女よ、敵を撃て, ツインスター・サイクロン・ランナウェイ2 [novel]

ミステリィではないので凝ったオチではない。
准教授・高槻彰良の推察3
澤村 御影


これもミステリィではない。ホラーとして成立させて欲しかった。
ファンタズム
西澤 保彦


ジョーカー・ゲームは読んだけど、続刊はまだだったので。
尻すぼみ感は否めないかもしれないが、「追跡」「ラスト・ワルツ」はよかった。
ダブル・ジョーカー
パラダイス・ロスト
ラスト・ワルツ
柳 広司


面白かった。が、

ロシア、ウクライナの友情は永遠に続くのだろうか、

を読んだ2日後にウクライナ侵攻が始まるなんて……。
同志少女よ、敵を撃て
逢坂 冬馬


SF感が薄かったのが残念。その辺りは続刊に期待?
ツインスター・サイクロン・ランナウェイ2
小川 一水


2022-01-31 [長年日記]

マインド・クァンチャ, 虚構推理, 准教授・高槻彰良, medium, 歌の終わりは海, 雨は満ち月降り落つる夜, オーバーライト, 現代魔法 [novel]

怒濤の展開と思った通りのオチ。
マインド・クァンチャ
森 博嗣


エピローグのコミック版が楽しみ
虚構推理 逆襲と敗北の日
城平 京


先生の話は進んだが、主人公はどっちだ?
准教授・高槻彰良の推察4
澤村 御影


めちゃくちゃ面白かった。
犯人がうっすらわかったのもミスディレクションのうちなんだろうなぁ……、と読み終わった後なら思う。
medium 霊媒探偵城塚翡翠
相沢 沙呼


普通に終わった。(いつもの感想だ)
歌の終わりは海 Song End Sea
森 博嗣


雨月物語ほぼ覚えてないなぁ、と。
読みたいけど、意外に簡単な手段がない。
雨は満ち月降り落つる夜 (雨月物語SF合同)


よかった。YAレーベルの賞はこういうの評価高いなぁ。
別の話も書いて欲しい。
オーバーライト ――ブリストルのゴースト
池田 明季哉


読んだことないな、と思ってKindleで。
思っていたのとちょっと違った。
よくわかる現代魔法 1 new edition
桜坂 洋